みとめ印鑑

印鑑のケース選びは大切です

色々な手続きに必要な印鑑ですが、みなさんケースも選らんでいらっしゃるでしょうか。印鑑のサイズに合ったケースを選ぶことで、破損や紛失の可能性を低くすることが出来ます。最近は、木製の外に、石(水晶など)で作られてたものや、金属で出来たものなど様々なものがあります。そこで、保管の為の入れ物選びは重要になってきます。なるべく衝撃を与えずに、余分な隙間が無いようにすることが、長く愛用する時のコツになってきます。選ぶ際には、印鑑の直径と長さでおおよそが決まります。あとは、外装をどうするか好みで決めることになりますが、例えば銀行印などは欠けなどがあると、書類上困るので、ケースは慎重に選びたいものです。重要な決定時に使うものですので、自分以外の人に見られることを想定して決めたいものですね。内側に毛足が長い布を貼っているものや、開ける時に上下の目印が付いているものがお勧めです。間違って破損しない為にも、手を机に乗せてから開くようにすると安全性が高くなります。

新社会人必見!印鑑の基礎知識と印鑑ケースの役割

社会人としての生活が始まると、新たに必要なものがでてくるものですが、その一つが印鑑です。一人前の1人の大人として、自分を証明することとなる印鑑は、社会人としての自覚と責任の証でもあります。そんな印鑑には、様々な種類があります。個人が持つものとしては、銀行口座を作る際にも必要な銀行印、宅配便などを受け取る際に利用する認印、書類などの文字の訂正をする際に誰が訂正したかを証明するために押す訂正印、そして、役所への登録が必要で、法律的な効力を持つ実印などが挙げられます。それぞれが重要な役割を果たしていますので、できれば、大切に保管したいものです。そのためには、それぞれに合ったケースを使用すると良いでしょう。合成樹脂素材から本象牙まで様々な素材で作られているため、それぞれの良し悪しの特性にもよりますが、主なトラブルとしては、もろくなってしまったり、ヒビや割れ目ができてしまったり、時には虫食いにあうなどのようなことが起こりがちです。しっかりとしたケースに入れておくことで、乾燥を防止し、落として割れるの防ぎ、大切に自分の証を使い続けましょう。

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>

pickup

乳房再建について調べる

Last update:2017/9/22

 


↑TOP

 

Copyright(C) 2015 みとめ印鑑 All rights reserved.